Home > 製品ラインナップFALアンプFAL−S・I・Tステレオパワーアンプ

FAL−S・I・Tステレオパワーアンプ

FALオリジナル ステレオパワーアンプ

FAL−S・I・Tステレオパワーアンプ
 
 

三極管特性で音が良い!という噂のSIT素子を使ったステレオパワーアンプです。
S.I.T-5000の基本機能に低域ローブースト機能とスケルトン抵抗器式ATTをプラスしました。

12ブーストは150Hzから3db、6db、9dbの切換可能。

 

製品仕様

出力:60W×2/8Ω(約30WまでAクラス動作)
ひずみ率:0.003%以下(50W/8Ω)
定格入力:0.5Vrms
入力抵抗値:約20kΩ
左右別トランス、電源コンデンサーの完全モノラル構造
通電状態で安全に接続作業ができるSP出力オンオフ・スイッチ付き
ローブースト機能:3段 ブースト量:+6,10,15dB @20Hz ※1
ATT機能:23接点 自社製スケルトン抵抗器式ATT  約107dB/ステップ
各放熱フィン防振構造
電源仕様:100V(50、60Hz)
消費電流:約150W(無信号時)
サイズ:150(H)×440(W)×330(D)
重さ:13kg(贅沢な構成ながら、このクラスとしては軽量な合理設計)

※1:FALスピーカーとの組合せ実験で更に効果的なブースト量に再設定致しました。(2011.11. 2)
 
参考までに: 型名をSIT−7000ではなくS.I.T−7000としているのは「エス・アイ・テー(ティー)」と読んで欲しいという、古山氏の希望によるものです。「シット(shit)」と発音すると外国人が嫌がります。
 
980,000
クレジット (1〜60回払) もご利用ください。
※価格・仕様は予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。
 
 
SIT−5000をベースに3段階のローブーストと23接点スケルトン抵抗器式ATTをプラスした製品です。(基本的な特長はSIT−5000の説明をご覧下さい)
7N配線材を多用することで発売当初のSIT−5000よりも更に音楽の再現度が高まっています。
採用したATTは弊社ATT−5000と同じグレードのものでCDプレーヤー等を直に繋げることで、より鮮度の高い音が楽しめます。
ローブースト機能はいわゆるボンつきが出ないよう上昇周波数を低めに設定しています。スピーカーシステムやソース、音量等に合わせて使い込むと大変有用な機能です。
 
 
 
  • 注文予約フォーム
  • お問い合わせ